ダイアモンド

立方晶系の結晶。産出量は少ないが産業的に利用可能な程度には豊富。宝石として、また工業用のカッターなどに利用。現在では人工ダイアモンドの合成技術も確立され、実用化されている。

グラファイト(黒鉛)

六方晶系の結晶。板状の構造(単体ではグラフェン)が多数重なってできている。炭素の結晶としては最も一般的なもの。日常的なものとしては鉛筆の芯などに用いられる。

ロンズデーライト

六方晶系の結晶。隕石中に極めて稀に見られる。いまのところ非常に小さな結晶しか発見されていない。純粋なものはダイアモンド以上の硬度をもつと推測される。

フラーレン

炭素原子からなるクラスターの総称。天然には極めて稀に存在するとみられる。

無定形炭素

ダイアモンドとグラファイト(黒鉛)の2種類の構造が混在した状態(非晶質)。
木炭や活性炭などの一般的な炭はこれに不純物が含まれたものである。

カーボンナノチューブ

グラフェンが円筒状に巻かれた構造のもの。1層のものから2層、多層構造のものがある。これに近いものして筒の一方が閉じた角状のものをカーボンナノホーンと呼ぶ。