黒鉛の特長

1.潤滑性

黒鉛は炭素の共有結合性の結晶をもっている為、非常に安定しています。それによって、酸・アルカリ両方の薬品に対して安定しており、高い耐薬品性を示しています。

2.耐薬品性

黒鉛は炭素の共有結合性の結晶をもっている為、非常に安定しています。それによって、酸・アルカリ両方の薬品に対して安定しており、高い耐薬品性を示しています。

3.耐熱性

大気中-200℃~450℃、非酸化雰囲気中で3000℃と極低温から高温まで耐えられます。
急激な熱変化に強く、高温下では強度が増します(ただし、2500℃まで)。最大約2倍にまで強度が増します。

4.熱伝導性

黒鉛の熱伝導率は金属に匹敵する熱の良導体である。
さらに、黒鉛は比抵抗が10-3(Ωcm)であり、金属よりはるかに大きいが、固体潤滑剤の中では最も電導性が良い

5.熱膨張係数が非常に小さい

以上のように、黒鉛には優れた数多くの性質があり、それらの性質が単純にあるいは、いくつかの組合されて潤滑剤、耐火物、電気材料などに、粉末や固形や塗料の形で広範囲の用途にしようされている

黒鉛(コークス)分類図

黒鉛を簡単に分類すると下図のように分類することができます。